路面標示(インレタ)の使い方
※ このページに掲載されている画像は、クリックすると拡大表示されます。
 
路面標示(インスタントレタリング)の使い方
簡単に路面標示を再現するインスタントレタリングです。 ここでは、インレタの使用法と、「路面標示」シリーズの使い方をご紹介いたします。
 
路面標示(インスタントレタリング)の使い方
必要な部分をフィルムごと切り取り、転写したい場所に置いて、 ボールペン等細くて硬いものでしっかりとこすりつけます。 針など尖ったもののご使用はお避け下さい。
 
路面標示(インスタントレタリング)の使い方
転写された部分は、フィルム越しに見ると僅かに色が変化します。 全体に色が変化したらフィルムをゆっくりと剥がしてください。 転写後、指や綿棒など柔らかいもので軽くこすると、密着性が増します。

 
路面標示(インスタントレタリング)の使い方
こちらは無改造用のパーツです。 改造用と同じく、黒で塗装して遮光処理を施しておきます。
 
見た目には分かり辛いのですが、インレタは 「図柄(有色)」 と 「のり(透明)」 が重なった物が、フィルムに貼りついています。
実際には左図のように、「図柄」 より 「のり」 の方が僅かに大きくなっていますので、 「図柄」 の範囲ギリギリをこすりつけても 「のり」 部分が転写されておらず、フィルムを剥がす際に 「図柄」 ごと剥がれてしまう場合があります。

こすりつける際は、左図の水色の範囲のように 「図柄」 より大きめの範囲をまんべんなくこすりつけると転写しやすくなります。 また、「図柄」 より 「のり」 の方がフィルムとの密着が強く、転写されにくいことを踏まえて、図柄よりその輪郭(のり部分)をより重点的にこすりつけた方が、きれいに転写出来る場合が多いです。


 
路面標示(インスタントレタリング)の使い方
上段:「MS-03 路面標示(1)」 の一部です。
右折斜線の再現に使用します。図のようにライン2つをセットで使用してくださ。車線中の 「右折禁止」 は単独でご利用くだいさい。

下段: 「MS-03 路面標示(1)」、「MS-07 路面標示(3)」、「MS-09 路面標示(5)」 等で点線の線間に文字などを配置してある場合があります。必要に応じてラインや文字を使い分けてください。
また 「四四輪輪」等同じ文字を2つずつ並べて配置している場合がございます。この場合、必要に応じて間の1文字、または2文字を飛ばしてご利用いただくと、必要な2文字のズレが防げます。

 
路面標示(インスタントレタリング)の使い方
上段:「MS-04 路面標示(2)」 の横断歩道部分です。
横断歩道の幅は、32mm(スケール寸法 4.8m)になっています。このままではかなり幅の広い横断歩道が出来てしまいますので、必要に応じてカットしてご利用ください。

中段:「MS-08 路面標示(4)」の車線です。ラインとゼブラ各1列をセットとして、車線の内側にゼブラが来るように使用してください。

下段:「MS-04 路面標示(2)」 の 「止まれ」 です。「止」 の前方に任意の停止線(横断歩道のラインも利用可)を設置してください。

 
路面標示(インスタントレタリング)の使い方
左側:「MS-09 路面標示(5)」のラインです。
黄色の直線と白の点線はすべて 「のり」 でつながっています。必要に応じて図柄の切れ目を目印にカットしてご利用ください。

右側:「MS-09 路面標示(5)」の一部です。
黄色の半円と直線を使って、長丸型のエリアが作れます。またラインのみで四角いエリアも作れます。エリアのサイズに応じて白い斜線をカットして組み合せて、「進入禁止」、「安全地帯」 等の再現が可能になります。


インレタのカットは。。。

・転写前に、フィルムごとカットする。(フィルム面側から切る)
・転写前に、図柄のみカットする。(転写(図柄)面側から切る)
・転写後にカットして不要部を剥がす。

等々、様々な方法が考えられますので、ご利用状況に応じてカット方法を選択してください。
横断歩道やライン(車線)のカットは、フィルムごとではしわになってしまいやすいので、フィルムは大きめにカットしておき、図柄面側から図柄のみをカットするときれいにカットできます。また安全地帯のゼブラなどでは、あらかじめ大きめに斜線を貼り付けておき、黄色のラインでエリアを決定後、不要部をカッターで切り離して剥がすような方法が有効です。転写後のインレタを剥がす場合は、セロテープなどを不要部に貼り付けて剥がすと、比較的簡単にはがれます。

転写後は、薄い紙や綿棒、指など柔らかいもので軽くこするとより定着します。また転写後クリア塗料などでコートしておくと比較的丈夫になり剥がれ対策にもなります。ウェザリング等を施す場合は、必ずコーティングしておいた方が良いと思ます。

使用後、余ったインレタは付属の薄紙を転写面に当てて、袋に入れて保管してください。転写(図柄)面にほこりや油分が付くと転写されにくくなったり、剥がれやすくなる原因となります。


『Kobaru 路面標示』シリーズ のお求めはこちらから

Kobaru_officialをフォローしましょう 先頭へ移動する ▲

| 会社概要 | アクセス | 問い合せ | サイトマップ |

当サイト内の文章・画像等の複製、
転載等無断使用を一切禁じます。
Copylight (c) 2008-2017 
All rights reserved.